gRPC + Protocol Buffers でバックエンドを開発していると、他サービスや Protocol Buffers プラグインの proto ファイルの管理がしたくなる場合があります。 よくある Protocol Buffers のプラグインではリポジトリを go get してコンパイル時にパスを通すよう指示されますが、どのリビジョンの proto ファイルを使ってスキーマを定義しているのかが不明瞭になります。また、 proto ファイルの場所が散らばるのでコンパイルのコマンドも複雑になります。

本記事では、Protocol Buffers とは何かから、なぜ依存管理が必要か、依存している proto ファイルを管理するにはどうすれば良いかについて述べます。

続きを読む

grpc-gateway は gRPC のエラーコードと HTTP のステータスコードをよしなに変換してくれますが、クライアントにエラーの理由を知らせる場合にはエラーレスポンスをカスタマイズする必要があります。

本記事では grpc-go + grpc-gateway でカスタムエラーレスポンスを返す方法について、実装例を出しながら紹介します。

続きを読む

プロフィール画像

Soichi Sumi

– About –
Software Enginner at Japan.
Working at Ginco Inc.

– Main Skills –
Lang: Go, NodeJS
Tools: GCP, Firebase, k8s, Blockchain(BTC forks, ETH, XRP)

Software Engineer @ Ginco Inc.

Japan, Tokyo